講演会・勉強会・研修会

科研費申請の講演会をはじめ、研究支援に係る各種の講演やセミナーの開催を承ります。

  • 科研費申請支援講演会
  • 科研費申請勉強会
  • 研究倫理・コンプライアンス研修会
  • 専門家育成研修会(PD研修、FD研修、SD研修、新任者研修)
  • URA(プレアワード)研修会
  • 大学院生向け・学部生向け倫理研修など


■ オンラインセミナー  [受付終了・10月以降日程のみ]
 
※対応上限に達したため、科研費講演会ベーシックのみ納品可能です。
​​​​​​  8月公募内容を反映したベーシックは、8/10頃納品開始予定です。

ロバストの各講演会は、オンラインでも実施可能です。教務等への対応にお忙しい研究者の皆様に、研究を進めるための情報取得の機会としてご活用いただけます。配信方法も、ご要望に沿って対応可能です。
   >>オンラインセミナーについてご案内(NEWS)

■ 科研費申請支援講演会 [受付終了・10月以降日程のみ]
 
※対応上限に達したため、科研費講演会ベーシックのみ納品可能です。
  8月公募内容を反映したベーシックは、8/10頃納品開始予定です。


科研費制度の基本的な説明のほか、応募種目や審査区分の検討方法、研究計画調書の様式や計画立案について解説します。公募要領発表後は、改定の内容等を反映します。
学内での、科研費説明会などにご活用ください。(60分/90分)

◎参加者の学部や職位、申請経験などを考慮して、内容のカスタムが
 可能です。ご希望の内容がございましたらお知らせ下さい。(別途費用)

■ 科研費申請勉強会 [受付終了・10月以降日程のみ]
 ※対応上限に達したため、科研費講演会ベーシックのみ納品可能です。
  8月公募内容を反映したベーシックは、8/10頃納品開始予定です。

科研費申請勉強会では、各種の科研費申請にあたっての諸注意だけではなく、実際に申請書を作成することを前提とした、技術的な側面からの解説を行います。(90~120分)
ご要望に応じて内容を調整し、途中休憩等も設定可能です。

◆ 開催人数
20~30名が適数であると考えております。30名以上での勉強会も可能ですが50名程度になると勉強会としては大規模になり、目が行き届かない部分も出てきます。

◆ ご準備いただきたい物
前回研究計画調書と審査結果をワークで利用する場合があります。参加者自身の研究計画調書をご準備いただけると学習効果が上がります。なお、研究計画調書等は無くても、勉強会に参加可能です。また添削をする時間は取れませんが、個々の申請内容に関しての質疑応答時間を設けることも可能です。

■ 研究倫理研修会 [受付終了・10月以降日程のみ]
 ※対応上限に達したため、倫理研修ベーシックのみ納品可能です。
  倫理研修ベーシックは、ご発注後即日納品が可能です。
   (MP4データ・視聴用ページ)

研究倫理、コンプライアンス及び資金管理に関する事項に加え、文部科学省「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」に沿って実施します。(60分/90分)

◎学内での懸念事項・意向など考慮して、内容のカスタムが可能です。
 ご希望の内容がございましたらお知らせ下さい。(別途費用)


■ 講演のご依頼について

講演会正式依頼:1ヶ月前まで(10月以降の実施の場合)
 ※コロナ禍の影響で事務機能が遅れている場合は考慮いたします。ご相談下さい。
 日程確保は、原則として契約確定順の調整となります。
 講演確定の場合は、講演依頼書のご送付をお願いしております。
 ※ 講演正式依頼前に、日程のご予約をいただく事も可能です。
   ↓
講演内容確定:1ヶ月前まで
  ※令和3年度科研費申請に向けた講演は、ベーシックであればすぐに納品が可能です。
 課題に応じた講演内容をご提案させていただきます。
 日数に余裕のある場合は、内容追加や変更にも対応いたします。
   ↓
講演会資料送付:1週間前
 当日の資料をデータで送付いたします。

※オンラインで実施する場合は、配信開始日やデータ納品日によって、
 資料等の準備期間は異なります。
 多数のご依頼をいただいており、対応可能日が少ない状況ですので、
 ご検討中の場合は、お早めにお問い合わせください。
 (日程確認のみ・ご発注前の仮予約など可能です。ご相談下さい)

※オンラインで実施する場合は、配信方法によって準備期間や費用が異なります。
日程調整がしやすく、動画の品質が安定するのは、「事前収録・希望日配信」の方法です。事前収録の場合にも質疑応答など対応可能です。
実施方法は、ご要望に合わせてご提案いたしますので、ご相談ください。

■ その他
講演会内容は、学内利用に限り、写真・ビデオでの撮影データ使用が可能です。日程の合わない方への配信や、他キャンパスでの上映などにご活用いただけます。(往訪型の場合)
  ※オンラインの場合は、契約プランにより動画データの提供が可能です。ご相談下さい。