企業向け支援/ご契約の流れ

1.メール申込

まずは、お気軽にメールにてお問い合わせ下さい。 
3日以内に必ず返信いたします。もし返信がない場合は、迷惑メール等に消えている可能性がありますので、再度ご連絡をおねがいします。


2.守秘義務契約

開発案件などの具体的なテーマの相談に入る前に、必要に応じて「守秘義務契約書」の締結を行います。
内容をご確認いただき、印刷、署名、押印していただいた上で、ご送付ください。


3.無料相談

まずは、あなたの課題についてしっかりと確認させていただきます。 その上で補助金などの基本ルールを詳しく説明いたします。
十分にお話をお聞きする必要がありますので、電話にて質問させていただきます。 直接面談を希望される場合、別途交通費が必要です。


4.スケジュール検討

申請までに必要な折衝、情報収集など、申請書作成までのスケジュールをご提示いたします。
スケジュールに従って、申請までの道筋を見通すことが出来ます。
準備するべき書類等についても解説いたします。


5.正式依頼

(ここまでの手続きが無料です)
実施プランを充分にご検討いただき、ご納得されたうえ、依頼するかどうかお決めください。
もちろん、ご相談だけでも、結構です。
(正式依頼が決定した時点で、費用をお振り込みください)


6.補助事業などの調査・選定

まずは、公募中の事業から申請可能なものを選定します。 適切な公募がない場合は、定期的に公募のある事業をターゲットに募集要項を取得します。


7.募集要項の解説

申請する補助事業を決めたら、申請書に書くべき内容を募集要項にしたがって解説します。 募集要項は専門的で意味が分かりづらいので、ポイントを絞ってご説明いたします。 


8.ビジネスモデル検討シート 完成

あなたの事業に関して、補助金申請において重点になる「新規性」「公益性」「波及性」を整理したビジネスモデル検討シートを作成します。
補助金を使わない場合でも、事業スタートアップの効果的な施策情報・事業プランをまとめ、提供いたします。


9.補助金等申請書作成

実際の募集要項の内容、申請様式に合わせて、申請書の各項目を作成していきます。
写真や機器の仕様情報など、必要な書類の準備を進めていただきながらの共同作業となります。